らくらくブログ

現役商社マンが、仕事、英語、子育て、について綴っていく雑記ブログです。

私が実践した【胎児教育】

f:id:rakuraku0308:20190427213031j:plain

 

どうも、横伊勢 樂(よこいせ らく)です。(^.^)

 

うちには、もうすぐ赤ちゃんが生まれてきます。

楽しみで楽しみでしょうがないです。

いつ生まれてくるか、ドキドキです。

可愛くて可愛くてしょうがないです。

お腹を触ると動いているのがわかるので、

もう本当に、いとおしいですよね。

けられている嫁さんは可哀そうですが、

赤ちゃんの存在をより実感できるので、夫としては嬉しいです。

 

しかし、妊娠してからは、つわりに始まり、

吐き気や、体の痛みで苦しんでいる嫁さんを見ると、

本当によく頑張ってくれていると思いますし、

頭があがらないです。

本当に感謝ですし、痛みを替わってあげられたらと思います。

夜に痛みで寝付けない妻をみるのはツライです。

しかし、痛みを取る事も、替わる事も出来ないので、

男に出来る事は本当に少ないなと、切に思います。

男が出来る事は、やはり、家事をする事と、金を稼いでくる事かなと思います。

 

仕事を終えて、家事をするという事は確かに大変ですが、

命をかけて出産まで迎える妊婦さんはもっと大変ですし、背負っている命の重さも、けた違いだと思います。

なので、男が仕事も家事もするのは、いたって普通の考えだと思います。

私も少しでも多く、家事をお手伝いしたいと思います。

 

さて、本日の本題に入りたいと思います!

本日の本題は、、、【私が実践した胎児教育】についてです!

私が実践して感じた事を中心に書いていきたいと思います。

胎児教育の意義は広いですが、

私がした胎児教育は主に愛情だったのかなと思います。

 

目次

 

 

私が実践した胎児教育 その1

 

 

『絵本読み』と『ひらがなの読み聞かせ』

 

妊娠3か月目くらいから妊娠9か月目くらいまで、ほぼ毎日やっていました。

時間は夜の11時くらいからで30分くらいですかね。

妻のお腹に顏を近づけて、少し大きめの声で、簡単な幼児向けの絵本を毎日読んでいました。絵本は、100円や300円の古本を買って来たり、アマゾンで有名どころの一冊1000円程の絵本を買ったりと。

まだ生まれてきていないのに、既に20冊近くあると思います。笑

 

赤ちゃんには絶対に聞こえていないであろう、

妊娠3か月目くらいから読み聞かせをしていたのは、

そこに赤ちゃんがいると思うと、何もしないという事が出来なかったからです。

命が芽生えているのがわかり、お腹の中から出てきていないだけで、そこに、我が子がいると思うと、いても立ってもいられなくなりました。

少しでも、接していてあげたいなと思ったのです。

無事に育って生まれて来て欲しいと祈り、絵本を読んでいました。

 

『絵本の読み聞かせ』や『ひらがなの読み聞かせ』をしたのは、

勿論、胎児教育として有効だとは知っていましたが、

頭が良くなって欲しいというよりかは、

今、親として、してあげられる事をしたかったという感じでした。

 

こんな言い方は良くないですが、この赤ちゃんが、この世に生まれて出てこられる可能性は100%では無いので、今のうちから、親として、してあげられる事をしておきたかったという気持ちがありました。

悪い事は、考えないようにしていましたが、流産は一度はあると、周りから聞いていましたので。。他にもいろいろな事があります。。

 

だから、出来る限りの愛情を注ぎたかったのです。

単純な私には『愛情をそそぐ事』=『絵本の読み聞かせ』かなと思ったのです。 

 

絵本も毎日読んでいると、だんだんと活舌が良くなり、強弱もつけて読む事が出来るようになってきました。登場人物ごとに声色も変えられるようになりました。

しかし、思う事は、『アラジン』や『かぐや姫』などの、長編になってくると、読むのが結構しんどいです!

もう終わるかな~と思ってもまだ半分とか。。

絵本の読み聞かせも意外とパワーがいるのだと分りました。

喉は確実に乾きますね。

これだけ長い話なら、子供も読み切らずに寝落ちしてくれるのではと思います。

 

 

私が実践した胎児教育 その2

 

 

クラシック音楽』を聴かせる

 

これはすぐに断念しました!笑

胎教に良い音楽として有名なクラシック音楽ですが、

今はyoutube や アマゾンミュージックとかで、ほぼ無料で何時間も聞く事が出来ます。

うちも、最初は聞き流していたりしていたのですが、続かなった最大の理由は、夫婦そろって『クラシック音楽』が好きではない!という事です。。

好きでも無い事って続かないですね。

加えて、一番リラックスしないといけいない妊婦さんが、嫌だったら、精神的に良くないので、

ストレス面を考慮して、続けるのをやめました。

替わりに、

妻が好きな安室ちゃんを毎日聞いております。

やっぱり、妻が一番好きな音楽を聴くのが一番良いですよね!。。。と信じております。笑

 

私が実践した胎児教育 その3

 

『お腹の近くで歌を歌う』

 

幼児向けの歌で有名な『ぞうさん』や『グーチョキパー』や『ぶんぶんぶん』は

完全に歌詞を暗記しております。笑

ほぼ毎日歌っていれば、短くて簡単な歌詞なので自然と覚えます。

歌を歌い始めたのは、妊娠7か月目くらいからですかね。

楽しそうに歌っていたら、お腹の中の赤ちゃんも喜んでくれるかなーと思い、

軽い気持ちで歌っています。

私は歌には自信がないので、これくらいにしておきます。笑

 

私が実践した胎児教育 その4

 

『なによりも愛を伝える』

 

もう、これにつきると思います。

『〇〇ちゃん、大好きだよ。愛していますよ。

 パパとママが守るから安心して生まれてきてね。』

『会えるのが楽しみだよ。』

このフレーズは何百回と言ってきました。

 

赤ちゃんが、言葉が聞こえていなくても、意味を理解していなくても、

この感情だけは伝えたいと思い、毎日、何回も言ってきました。

 

ただただ、無事に健康に生まれてきて欲しい。その気持ちを、

この言葉で伝えるようにしてきました。

 

 

『愛情に勝る胎児教育はなし』 かなと個人的には思っています。

 

あとは、事ある毎に、赤ちゃんに話かけるようにしていました。

『今日の晩御飯は〇〇だったよー』『使った具材は〇〇ですよー』など。

御飯のメニューは話題に事欠かないのでおすすめです。(^.^)

 

 

 

最後に

 

 

うちは命をさずかるまでかなり時間がかかりました。

命が授かり、育つのは、当たり前の事ではないという事を知りました。

奇跡だと知りました。

 

だからこそ、出来る限りの愛情を注いていきたいと思います。

 

あと、親バカにならないように気を付けます。笑

 

子離れできないようにならないようにも気を付たいと思います。(>_<)